パソコン転売

Windows8をクリーンインストールできない時に確認するべき事

  • コピーしました

パソコン転売の仕入れをする際に、

私は「ハードディスク」が抜いてあるノートパソコンを仕入れることがよくあります。

 

ですので、必然的にWindows10をクリーンインストールする機会が多くなります。

 

元々がWindows7のパソコンであれば、

本体の裏面に「プロダクトキー」が記載されているシールが貼ってあるので、

特に大きなトラブルもなくクリーンインストールできます。

 

Windows8のパソコンは、マザーボードにプロダクトキーが電子的に組み込まれているので、自動的に認識してくれます。

 

ですが、先日「Windows8」がインストールされていたパソコンを落札し、

Windows10をクリーンインストールをしてみたところ、うまくいかなかった…。

 

今回はそれを解決できたお話です。

 

 

加齢臭がするお年頃なのです

 

本業を終え、部屋の隅っこで黙々とクリーンインストール作業を行っていると、

 

嫁が一言、

「その部屋着、洗った?めっちゃ臭いんだけど?」

 

いやいや、今日洗濯されて、タンスに閉まってあったの着たのですけど?

あなたが、たたんで直してくれたんですよね?

 

とか、内心思いつつ、

 

「そう?じゃ、着替えた方がよい?」

 

と、立ち上がった瞬間、プシュッという音と共に…

 

顔面にファブリーズ!

 

「え?なにすんの?めっちゃ目が痛い。」

 

という私の言葉に対し、

 

嫁の放った一言は、

 

「急に立ち上がるから顔にかかったじゃん!うけるw」

 

 

嫁のファブリーズ顔面噴射にも耐え

仕入れるパソコンはWindows7の物が圧倒的に多いのですが、

嫁のつらい仕打ちに耐えてるご褒美なのか、

仕入れを頑張っているのを神様が見てくれているのか、

 

たまに何かの拍子でWindows8のパソコンを安く仕入れることがあります。

 

Windows8のパソコンなので、スペックもそこそこ良いものが多く、

「こりゃぁまた稼げちゃうなー、ぐへへ。」

なんて、下心丸出しで、Windows10のインストールを終え、設定を開始していると、

 

「おっさん、プロダクトキーいれてくれへんと、正規のWindowsとしてみとめんで。」

的な、メッセージが表示されていることに気づきます。

 

おかしいな、いつもならWi-Fi接続すると、自動的に認証されるのだけどなぁ。

なんて、格闘すること一週間。

 

やっと、理由がわかりました。

 

 

Googleさんもなかなか教えてくれなかった

Google検索する事、数日間。

 

なるほど、ファブリーズが目に入ったら、流水でよく洗い…

 

ではなく、

 

シリアルキーを表示させるフリーソフトがあるのか。

 

⇒ シリアルキーがわかったものの、「おっさん、そのキーはもう使用されてるで。」

 

うーん、完璧に行き詰った。

 

そこで、視点を変えて、Windows8について調べてみると…。

 

なるほど、Windows8には、普通版と、プロ版があるのね。

 

Windows7からWindows10にバージョンアップをすると、自動的にプロになるのか。

 

ん?まてよ?…。

 

  

 

それだ!

 

結論をいうと、

 

今回仕入れたパソコンは、Windows8の普通バージョンの物で、

(左の画像のシールが貼ってあった)

 

それに、Windows10 pro版をインストールしてしまっていたのです。

 

〇 Windows8 pro ⇒ Windows10 pro

× Windows8 ⇒ Windows10 pro

 

Windows10 home 版をインストールしたら、

無事認識されてました!

 

ちなみ、無印が一般ユーザー向けで、

pro版はビジネスユーザー向けだそうですよ。

 

 

 

 

  • コピーしました